調剤薬局監修のうつ病に関する薬の予備知識を御紹介します。

うつ病に関する薬の予備知識を御紹介します。

・ SSRI:神経と神経のすき間のシナプス間隔において、神経伝達物質のセロトニンが再利用のために再び神経に取り込まれるのを防ぎ、セロトニンの濃度を高めます。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

・ SNRI:SSRIと効果は似ていますが、セロトニンだけでなくノルアドレナリンにも作用し、再取り込みを防ぎます。
・ 三環系抗うつ薬: セロトニン、ノルアドレナリンだけでなく、その他の神経系にも働きます。
・ ベンゾジアゼピン系抗不安薬:中枢神経に作用して、不安、緊張、あせり、うつ状態などを改善します。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

一般的にうつの薬は、脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの濃度を調整する働きをするものが多いです。 うつの治療薬として初期に使用されていたのが、三環系の抗うつ薬でした。しかし三環系の薬はセロトニンやノルアドレナリン以外の神経伝達物質にも作用してしまうため、自律神経系に副作用が表れる場合がありました。例えば口渇、めまい、記憶障害、排尿困難などが起こる場合があったのです。

 

現在のうつの治療には、セロトニンやノルアドレナリンのみに作用するため副作用が起こりにくいとされている、SSRIやSNRIが使われることが多いです。しかし、SSRIやSNRIにも副作用が全くない訳ではありません。吐き気や下痢などの副作用が表れたり、中枢神経を興奮させ、焦りや不安などを感じる副作用が表れる場合もあるといいます。

 

調剤薬局