調剤薬局監修の心臓の薬についての予備知識を御紹介します。

心臓に関する薬について

・ ACE阻害薬:血液量を低下させると共に、動脈圧・静脈圧を穏やかに下げます。最大の利点は、心臓の肥大と変性を遅らせることです。心臓雑音が聞かれ症状がでていないという時から使用することで、心不全の発生時期と進行を遅らせることが出来ます。
・ 動脈血管拡張剤:動脈側の血管を広げて心臓から血液を送りやすくします。副作用としては、まれですが血圧低下によるめまい、失神などが起こることがあります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

・ 利尿剤:血液量を低下させると共に、肺水腫を軽減します。副作用としては、脱水によるBUN上昇、血液電解質の異常などが起こることがあります。
・ 強心剤:心拍数を遅くさせると共に、心臓をがんばって動かさせます。強心作用よりも、心拍数を下げる目的で使用することが多いです。副作用は不整脈や下痢・吐き気、食欲低下などです。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

・ 冠血流改善剤:心臓に行く血の流れをよくし、心臓の不整脈を減らします。副作用は少ないですが、出血傾向が報告されています。
・ 気管拡張薬:血管拡張剤を使用しても咳がひかない場合に、追加で使用します。緩やかな強心作用もあります。副作用は少ないですが、消化管出血や肝障害が報告されています。
βブロッカー/カルシウムブロッカー: 心筋の過剰な運動と酸素必要量を抑え、心臓を楽にします。 副作用は徐脈と心筋収縮力低下です。

 

薬剤師国家試験