調剤薬局監修の胃腸に関する予備知識を御紹介します。

胃腸に関する予備知識を御紹介します。

胃腸薬(いちょうやく)は、胃および腸の疾患の治療や、症状の緩和に用いられる医薬品の総称。俗に胃薬(い ぐすり)と呼ばれることが多い。胃酸を中和し、胃腸の過度な働きを抑制するものと、胃酸の分泌を促進し、胃腸の働きを活発にするものとに大別される。症状にあわない医薬品を選択すると効果がないばかりでなく、症状を悪化させることになる。これら両方の効果を持つ複合胃腸薬も市販されている。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

瀉下薬や止瀉薬も広義の胃腸薬に含まれます。

 

胃腸活動抑制型
・制酸薬・・胃のpHを上昇させ、増えすぎた胃酸を中和させる。水酸化アルミニウムや炭酸カルシウムなどのアルカリ性の化合物が配合されている。
・H2ブロッカー・・ヒスタミンH2受容体に拮抗し、胃酸の分泌を抑制する。シメチジンやファモチジンなどが配合される。
・胃粘膜保護成分・・荒れた胃粘膜を覆って保護し、修復を補助する。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

・鎮痛鎮痙薬・抗コリン薬として臭化水素酸スコポラミンやロートエキス、局所麻酔薬としてアミノ安息香酸エチル、平滑筋弛緩薬として塩酸パパベリンなどが処方される。
・消泡剤・・消化管内部のガスを取り除き、腹部の張りを抑える。胃腸活動促進型
・ 健胃薬・・アロエ、ウコン、ケイヒ、陳皮など生薬が主体。
・ 消化薬・・ジアスターゼやリパーゼなどの消化酵素、ウルソデオキシコール酸やデヒドロコール酸などの胆汁成分が配合される、
・整腸剤・・乳酸菌や酪酸菌、納豆菌などが配合される。

 

薬剤師国家試験