調剤薬局監修の呼吸器の薬についての御紹介します。

呼吸器の薬についての御紹介します。

・ ステロイド
吸入ステロイド薬にはベクロメタゾン、フルチカゾンがある。これらのステロイドは気道に発生している炎症を抑える働きをする。
・ β2受容体刺激薬
β2アゴニストがβ2受容体に結合すると、AC(アデニル酸シクラーゼ)活性を高める。これによってcAMPが増加する。そして、cAMPは気管支平滑筋を弛緩させる。つまり、β2受容体は気道を広げる作用をするのである。なお、「〜テロール」と名前がつくものはβ2受容体アゴニストである。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

薬剤師 募集