調剤薬局監修の抗アレルギー薬に関する薬の情報サイト

抗アレルギー薬

・ 抗アレルギー薬・・ヒスタミンの発生と放出を抑えることにより症状を軽くし、また症状が出始めるのを遅らせる効果がある。

 

・ 抗ヒスタミン剤・・ヒスタミンの働きに直接的に作用するため、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどがひどいとき、花粉の飛散が多い日などに、即効的な効果が期待できる。

 

また、すでに出てしまった症状に対しても効果がある。
・ ステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)・・ヒスタミンによって引き起こされた鼻の粘膜の炎症、目の結膜の炎症を鎮める。

 

また、免疫系など組織の反応を低下させる作用を示し、アレルギー反応も抑える働きをする。

 

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

病院にかかったときに出される処方薬、代表的なものとして内服薬では抗アレルギー薬(第二世代抗ヒスタミン薬)のアレジオン、アレグラ、アレロック、ジル テックなど、ステロイド剤のセレスタミン、点眼薬ではインタールやリボスチンなどが処方されます。

 

市販薬に比べ、副作用の軽減された新薬が積極的に用いられている。一般の薬局で購入できる市販薬のうち、花粉症用あるいは鼻炎用として売られている薬は、ほぼどれも抗ヒスタミン薬です。眠気が強いという副作用があるものの、 即効性が高いため、出先で急に症状がきつくなったときなどは非常に重宝します。

 

最近は処方薬の一部(パブロン鼻炎カプセルZ、ハイガード、アルガードシー ルドなど)がスイッチOTCとして市販薬に登場している。

 

薬剤師 求人 大阪
薬剤師 求人 神戸