調剤薬局監修の総合感冒薬とは

総合感冒薬とは

総合感冒薬は、頭痛・のどの痛み・筋肉の痛み・咳・くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどといった、いわゆる風邪症候群(普通感冒)の諸症状の緩和に効果を出すように、解熱剤と鎮咳去痰薬・抗ヒスタミン剤などを複合した医薬品です。



薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。



日本では、現在一般医薬品(大衆薬・OTC)として広く発売されています。剤形としては錠剤・カプセル剤・粉末(細粒・顆粒など)・飲料(シロップ・ドライシロップなど)が発売されています。



手軽に購入できるので風邪のひき始めにおすすめです。






調剤薬局