調剤薬局監修の薬を飲む際に気をつけることや予備知識を御紹介します。

薬を飲む際に気をつけることや予備知識を御紹介します。

一般には薬はコップ一杯の水と一緒に服用します。以前は、お茶はダメと言われていましたが、お茶やウーロン茶でもかまいません。ジュースなどの甘みのあるものは、吐き気を誘発しますので、糖分の入ったものは避けたほうがよいです。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

アルコールと薬の関係は、まとまった研究がないので断定的なことは言えませんが、原則としては、やめておいたほうがよいでしょう。

 

薬の中には相性が悪いものがありますし、ビタミンやハーブ、サプリメントですら、服用方法を間違えると副作用が発生しうることがありますので、常に薬のパッケージにある指示に従い、特に警告文(重要表記部分)には注意しましょう。病院で処方された薬の場合、必ず医師の指示に従って服用しましょう。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

めったに飲まない薬などは、使用期限が過ぎていることも少なくありません。使用期限は記載されていますが、食品と同じで、保存状態が良い場合の期限です。一度開封し、かつ保存場所が悪いと、使用期限よりも早く悪くなってしまします。また子供がいる家庭では、子供の誤飲には十分注意するべき点です。ラムネやお菓子と勘違いして、あるいは単に「親が口にしている食べ物」という認識で、口にしてしまうかもしれない危険性があります。ゆえに、薬は安全に保管し、使っている薬は記録し、紛失することのないようにしておきましょう。

 

薬剤師国家試験